財布 メンズ 日本製 職人

メンズ財布職人の仕事

ココマイスター職人

 

日本の熟練職人が仕立てる革財布。

 

そこにはなんとも言えない味があり、
日本製の財布というだけで魅力があります。

 

大量生産によって作られたものとは違い、
職人の手で1つ1つ丁寧に作られた財布は、
所有する喜びをもたらしてくれるでしょう。

 

それぐらい、持つ人にしっくりくる、
世界に1つだけのアイテムになってくれます。

 

では、どういったブランドが、
日本の職人の手によって丁寧に作っているのでしょうか?

 

当サイトおすすめのブランドを紹介していきたいと思います。

日本製のメンズ財布ブランド

ココマイスター

ココマイスター職人

 

ココマイスターでは、財布、鞄などそれぞれの分野に特化した熟練職人を指定することで、独自のクオリティを実現しています。

 

熟練した職人たちはそれぞれのアイテムの道を極めています。
それゆえ、どの職人がどのアイテムに向いているかをマッチングしているのです。
そのため、ココマイスターの財布の中には、世界に誇る妥協を許さない圧倒的な匠の技を見る事ができます。

 

そんな職人たちの技術と色々な素材を使用することで、
どんなに難しい素材でも、所有する人にとって使いやすく満足のいく財布を提供することができるのです。

 

公式サイト

 

 

キプリス

キプリス職人

あくまでもユーザーの心に響くものを創り続ける、
そんな職人魂を大切にしているキプリス。

 

40年以上のキャリアを持つ職人と、
その技術を継承してゆく若い職人集団が在籍しています。

 

また、長年の仕事を通じて使われている、
裁断、縫製道具と職人たちの技術によって、
質の高い商品ばかりです。

 

それに加えて、
地道に一歩ずつ歴史を作り上げてきた、
「職人気質」を大切にしている。

 

そんな企業から生まれる製品は、
丁寧な仕上がりで、満足感を味わうことができます。

 

公式サイト

 

 

土屋鞄製作所

土屋鞄職人

1965年に、ランドセル作りから始まった、土屋鞄。

 

子どもたちの6年間を支える鞄を作るには、
丈夫で、かつ時間を経ても持ち主に似合うデザインでなくてはならないと、
考えものづくりをしています。

 

そして使っていくうちに、
所有者にとって「普通で、欠かせない存在になってもらいたい」と、
ひとつひとつを丁寧に、
良質な革素材と手仕事に、想いを込めて作っているそうです。

 

また、50年の間に、少しずつ新しい仲間が増えていき、
その中には日本の職人技を未来につなぐ、若い世代も多くいます。

 

「もの作りが好き」という若いエネルギーと、
「ずっと、これだけをやってきた」という熟練の、
まっすぐなパワーによってアイテムが作られています。

 

さらに、世代を超えて技術をつなぎ、
メイドインジャパンの品質を高めていくことも、
土屋鞄のビジョンとなっています。

 

良質な革素材を選びぬいていて、
土屋鞄の製品を通して、
革という素材の良さ、面白さを知ることができるのです。

 

公式サイト